avenon_ph28_air_lens_a

写真の原点になったピンホールレンズ
このレンズのピントはパンフォーカス
針穴とフィルム面の位置関係で焦点距離が変わってきます
厳密に言えば公式があって
各焦点距離の理想的な針穴の大きさが決まってきますが
針穴をフィルム面に近づければ広角
遠ざければ望遠レンズになります


avenon_ph28_air_lens_b

ということはヘリコイドがあれば
ピンホールのズームレンズとして使うことが出来ます

今回はミラーレス用近接撮影可能ヘリコイドつきアダプターを使って
ズームレンズとして撮影します
ライカM→Sony α Eアダプター(L-Mリング併用)を使用
(ご参考までにライカM→フジXアダプターもあります)



avenon_ph28_air_lens-sony_a7_01

本来の状態、ヘリコイドを出さない状態での撮影


avenon_ph28_air_lens-sony_a7_02

ヘリコイドを伸ばした状態での撮影
感覚的に画角35mm?ぐらいになっています